全身脱毛 渋谷

MENU

脱毛による発汗について

ほとんどの女性にとって、両ワキがツルツル&無毛状態になる両脇脱毛は憧れの存在ですよね。ムダ毛ケアをしなくてもしっとり美しい素肌をキープできるということで大変人気があり、数多くある脱毛部位の中でも一番施術を受けられています。

 

しかし聞き捨てならないのが、両ワキ脱毛後の体に起こる変化についての口コミです。なんと、

 

 

  • 「両ワキ脱毛した後に発汗量が増えた」
  • 「汗のニオイが目立つようになった」

という声もあるのです。この不穏な口コミのために両ワキ脱毛を躊躇したり、断念したりする女性は少なくありません。さて、この口コミですが、半分は合っていて半分は間違いであることが医学的に確認されています。

脱毛による発汗についての医学的な認識

どういうことかというと、両ワキを完全にした後に汗の量が増えるという点には間違いがありません。その理由は、脱毛をしたことによりそれまで毛穴をふさいでいた毛の存在がなくなったため、汗が流れやすくなったためです。

 

 

今までは汗の全体の何割かがワキの毛につたわって乾燥していきました。


しかしそのクッション的な役割を果たしていたワキの毛がなくなると、発汗量が増えたように感じてしまうのです。

ワキガになるという間違った認識

一方、両ワキ脱毛をしたことによってワキガになるということはありません。現在の脱毛サロンや脱毛クリニックではフラッシュやレーザーをお肌に照射することによってムダ毛ケアをしていきますが、それによってワキガが発生するというケースは皆無です。

 

ただ、今まで体の老廃物を排出する働きをしていた毛がなくなったことにより

 

 

皮脂などの汚れが毛穴にたまりやすくなります。


それが酸化することによって独特のニオイがするようになったというのは本当です。こちらは指や毛抜きで押し出すことによって解決できます。また、最近よく見かけるようになった汗取りパッドがついたインナーや制汗剤も活用しましょう。

 

制汗剤にはスプレー型のものだと汗で流されてしまうので、ロールタイプで塗りこむものがおすすめです。